花粉症の人が都市部で多い原因とは

コミュニケーションDM 読み物

こんにちは!スタッフの川合です。
オーガニックコスメNo.1ではお買い物をしてくださったお客様へ【月刊organic no.1 and happy moments】という、ちょっとしたご案内を同梱しています。
今回は2022年3月号に掲載したコラムをこちらで紹介しますね。

花粉症の人が都市部で多い原因とは

花粉症,マスク

2月頃から飛散が始まるスギ花粉。
花粉はくしゃみや鼻水だけでなく、肌荒れの原因にもなるので困りもの。

花粉症の人はご存じのことと思いますが、年によって症状のひどい時と軽い時がありますよね。
これまでは花粉の飛散量に着目することが多かったのですが、原因は他にもあるようです。

 

花粉,有害物質

都市部と地方と比べると、花粉症の有病者が多いのは都市部です。
その理由は「大気中に浮遊する物質」による影響があります。

花粉というのは、割れるとアレルゲンが飛び出して花粉症の素になりますが、空気がきれいな場合は、2割ほどの花粉しか割れないそうです。
しかし、花粉が大気を汚染する物質に触れると、8割くらいの花粉が割れてしまいます。

原因となる物質とは・・・
・排気ガス
・排煙
・PM2.5
・黄砂
など・・・

都市部は排気ガスなどが多いため、花粉が多く飛散している自然豊かな地域よりも、花粉症の有病者が多くなるのです。

外出時はマスクを
帰宅後はうがい
室内は空気清浄機を活用

などが簡単にできる対策です。

すでに花粉症の症状が出て辛い場合は、ネトルやエルダーフラワーなど花粉症の症状を緩和してくれるようなハーブティーもおすすめです。

肌については、花粉症の人でも肌のバリア機能が低下していなければトラブルは起こりにくいです。
洗顔や保湿を見直して、バリア機能を正常に整え、花粉の季節を乗り切りましょう!

 

過去のニュースレターをご紹介

 

 

 

関連記事

  1. 健康を支える足の指

  2. 化粧水の役割いろいろ

  3. 紫外線対策の基本は『しっかり保湿!』

  4. 2種類のホホバオイル

  5. 心地良く服を着る

  6. 暑くて眠れない時に、この方法

アーカイブ