新緑が清々しい季節。
だんだん気温も上がり、すこし汗ばむことも増えてきました。

汗をかいた後、「あれっ⁈」と自分の体のニオイが気になったことはありませんか?

今回は、気になる女性特有のニオイについてご紹介します。

 

ラクトンの減少

女性の体から、「ラクトン」という成分が分泌されているのを知っていますか?
「ラクトン」は、若々しい香り、女性らしい香り、ココナッツやピーチのような香りがすると言われている10~20代の若い女性特有の「甘い香り」の元となる成分です。

その分泌量は10代後半をピークに徐々に減少し、35歳前後になると急激に減少してしまいます。

 

女性ホルモンの減少

また女性は、40代に入ると女性ホルモンの分泌が低下しはじめ、徐々に男性ホルモンが優位になってきます。
男性ホルモンには汗や皮脂の分泌を活発にする作用があります。
反対に、女性ホルモンには活性酸素を抑え、汗や皮脂を調整してニオイを抑える役割がありますが、女性ホルモンの分泌の低下とともにその働きも弱まり、過剰な汗や皮脂が酸化してニオイが出やすくなってしまいます。

また女性ホルモンの低下に加え、ストレスや疲労によって活性酸素が増えすぎると皮脂が酸化してベタベタした汗が出たり、加齢臭の原因物質「ノネナール」が発生してしまうので注意が必要です。

更年期障害の症状の一つ「ホットフラッシュ」で一気に多量の汗をかくと、それが濃いニオイになってしまうこともあります。

これらの理由から、女性も年齢を重ねるとだんだんニオイが出やすい状況になっていくのです。

脇下・頭皮・胸元・首の後ろ・背中など、ニオイが気になる部位はいろいろありますが、その中でも特に脇下のニオイを気にする方が多いようです。

 

エクリン腺アポクリン腺

脇にはエクリン腺アポクリン腺という2種類の汗腺(毛穴)があります。
エクリン腺からは水と塩分からできた汗が出て、体温調節の役割をします。
一方、アポクリン腺からは脂質・タンパク質・糖質・アンモニアなどを含んだ汗が分泌されます。
いわゆる「ワキガ」と呼ばれるニオイの元となる汗です。
このニオイは、もともとは動物のフェロモンのような役割をしていたと思われますが、進化とともに人のアポクリン腺は退化して、現在は人によってその数はずいぶん違いがあります。

 

ニオイの原因

どちらの汗も、汗そのものにはニオイがありません。
皮脂と混ざったり、皮膚に存在する菌が汗を分解するとニオイを発生させるので、脇下を清潔に保つことが重要です。

入浴時にしっかり洗って清潔に保ち、外出先ではボディ用シートなどを使ってみましょう。
また、脇下を清潔にした後に制汗剤を使うこともオススメです。

 

C/O GERD エコデオドラント

C/OGERD(ケアオブヤード)は、スェーデンのトップスタイリストであるヨハン(弟)とエステティシャンンのアナレナ(姉)により創設されたオーガニックヘアケアブランド。
そのC/O GERDが作った制汗剤「エコデオドラント」は、肌にも地球にも優しいロールオンタイプのスキンローションです。

ケアオブヤード制汗剤


あれもこれも使っていない自然で安全な制汗剤

塩化アルミニウム・クロルヒドロキシアルミニウムは、汗腺をふさいで汗の量を減らすために多くの制汗剤に使用されています。
しかし、汗の出口を塞いでしまうことで乾燥などの肌トラブルやニオイの原因になったり、スウェーデンや他の国々では乳がんリスクの可能性が報告されているため使用していません。
また、発がん性が懸念されるパラベン、繰り返しの使用による肌トラブルが心配されるアルコールも配合されていません。

主な有効成分

*ミョウバン

分子の大きい酸性の結晶板で、毛穴に詰まる心配がありません。
収れん効果の他に、ニオイの原因であるアルカリ性の物質を中和させてニオイを防ぐ効果があります。

*乳酸

Ph値を弱酸性に保つ働きがある為、菌が増えないように整えます。

*サイプレス油(イトスギ)

収れん作用、制汗作用、デオドラント効果、抗菌作用など

*ローズウッド油

皮脂分泌抑制作用、殺菌消毒作用、デオドラント作用、抗菌・抗ウイルス作用など

 

サイプレスとローズウッドの爽やかな香りのスキンローション。
脇下だけでなく、首元などの気になる汗のニオイを抑え、さらっとした素肌を保ちます。
甘ったるい香りはしないので、サッパリした香りをお好みの方にユニセックス仕様としてご好評を頂いています。
汗ばむ季節だけでなく一年を通して爽やかに過ごすお手伝いをします。

 

通販 C/OGERD エコデオドラント

 

▹◃┄▸◂┄▹◃┄▸◂┄▹◃┄▸◂┄▹◃
ブログ記事一覧 へ
▹◃┄▸◂┄▹◃┄▸◂┄▹◃┄▸◂┄▹◃