フランキンセンス
~キレイを作る『ハーブ事典』~

フランキンセンス心身を浄化する神聖な香り

目 次

1. フランキンセンスのトリビア

2. フランキンセンスの使用方法と作用

3. フランキンセンスの基礎データと注意事項

 

1. フランキンセンスのトリビア


フランキンセンスは、カンラン科の樹木の幹から分泌される滴状の樹脂で、樹脂を水蒸気蒸留法で抽出したのが、フランキンセンスの精油です。

その名は、ラテン語のfrancus(良質の)+incense(芳香、煙)から由来しており、フランキンセンスはふわりとした柑橘系の香りの奥にスパイシーさを感じる、深みのあるウッディな香りが特徴です。

紀元2000年のエジプトでは、太陽の神ラーにフランキンセンス(乳香)の〝薫香(煙)”が捧げられました。
また、その神聖な香りは、
ユダヤ教やキリスト教の儀式にも使用されてきたようです。

フランキンセンスの主成分「α-ピネン」「リモネン」「p-シメン」が、心を浄化し穏やかにするだけでなく、呼吸器系のトラブル緩和や皮膚の再生を促す効果が期待され、生活の様々な場面で活用ができます。

 

2. フランキンセンスの使用方法と作用


フランキンセンスの使用方法

フランキンセンスの作用

・ストレス症状の軽減
・リラックス効果
・集中力を高める効果

フランキンセンスの香りは、古くから瞑想に使われてきました。
気持ちを鎮静し心のバランスを整えると同時に、集中力を高める作用もあるとされ、ヨガにも取り入れられています。

・抗菌作用
・呼吸器トラブル改善作用

呼吸をゆっくりと深め、咳や痰を鎮める働きがあります。

・皮膚再生を促す作用
・収れん作用
・抗菌作用

皮膚にハリを与え、しわやたるみを予防。また収れん作用があるため、年齢肌のスキンケアに向きます。。
抗菌作用があるため、にきびができやすい脂性肌にも有効。

スタッフ
スタッフ
年齢肌や脂性肌用の化粧品に配合されることが多いハーブです。

3.フランキンセンスの基礎データと注意事項

フランキンセンスの基礎データ
植物名 フランキンセンス
英名 Frankincense/Olibanum
和名 乳香/オリバナム
学名 Boswellia carterii
科名 カンラン科
主な原産地 アラビア半島・紅海地域
フランキンセンスの注意事項

妊婦

・妊娠初期は使用を避けて下さい。

このページのトップ

ハーブ事典トップページへ

 

スタッフ
スタッフ
当店ではフランキンセンスの入ったコスメをご用意しています♪
<フランキンセンス>が配合されているおすすめ商品

リラックス アロマ フランキンセンス

ラベンダー、ゼラニウム、フランキンセンスのブレンド精油が、心を落ち着かせ、且つ生き生きとした明るい気分に導いてくれます。
南オーストラリアで有機無農薬栽培されるピュアな植物を原料にしているオーガニックブランド「ジャネス」よりお届けします。

<ジャネス> ブレンドエッセンシャルオイル ハーモニー の商品ページへ

 

石けんの仕込み水全てに、鹿児島県産農薬不使用のホーリーバジルエキスを贅沢に使用。
イランイラン・ラベンダーの花・サンダルウッドやフランキンセンスの木の香りを贅沢に使い、フローラル&ウッディー系の香りにまとまっています。
お顔にも顔だけでなく全身にお使いいただける、サスティナブルなソープです。

<ボタニカノン> ソープ ハーヴェスト の商品ページへ

 

大人の女性のお肌を健やかに保つための、保湿・マッサージ用の乳液です。
「今」と丁寧に向き合い、自分への思いやりを育むスキンケアを応援するために開発されました。
原料の95%以上が自然原料(内18成分はオーガニック認証のある原料を使用)

<muiui> マインドフルネス乳液 の商品ページへ

 

 

 

 

このページのトップ

ハーブ事典トップページへ