soluna_group_ph

ソルーナは究極のナチュラルコスメ。

なぜならスパゲリック法で作られるから・・・。

 

< ソルーナ化粧品とは >

ソルーナ化粧品はドイツの医療用薬草エキスの製造を

している「ソルーナ研究所」で作られています。

 

保存料、着色料、乳化安定剤といった石油系の

合成物質を一切使わず、自社農園で栽培される

ハーブや薬草、植物オイルや精油、蜜蝋などの

天然由来の原料で作られています。

 

ソルーナ(Soluna)というブランド名は

太陽(ソル)と月(ルナ)に因んでいて

それはロゴの形にも表されています。

ソルーナ

素敵なロゴですよね☆.。.:*・

 

このロゴは見た目に神秘的というだけでなく

実は、ソルーナ化粧品の製造工程とも深い

関わりがあります。

ソルーナ研究所は、びっくりするような方法で

化粧品を作っています(^^ゞ

 

 < ソルーナ化粧品の作り方 >

 ソルーナ研究所は化粧品に配合する薬草エキスを

「スパゲリック法という手法で抽出しています。

 

なに?? スパゲリック法??って・・・

 

スパゲリック法は、中世の医者パラケルスス

(1493-1541)によって生み出された

錬金術のひとつです。

 

錬金術というと「金の採取法」を連想しますが

包括的な哲学だそうで、決して

その目的だけの手法ではないそうです。

 

パラケルスス

ソルーナ研究所が受け継いでいる

スパゲリック法は、パラケルススによって

生み出された、植物の内に秘められた

エネルギーを最も効果的に抽出するための

手法です。

 

太陽、月、星といった天体の周期を組み込んだ

製造工程により薬草エキスを製造するので

ソルーナ化粧品のロゴには

太陽と月が表されていますよ。

 

そんなこといっても。。。

本当に500年前と同じ方法で化粧品の原料を

抽出できるの?!。。。と疑問をもった

あなたのお気持ち、すごく良くわかります!

 

パラケルススのスパゲリック法

現代に蘇らせるまでには二人の人物の

貢献がありました。

 

< 植物の繊細なエネルギーを引き出す >

ソルーナ研究所の創設者である

アレクサンダー・フォン・ベルヌス男爵は

中世から伝わるスパゲリックを研究し、20世紀に

蘇らせました。

 

オーストリアの教育思想家である

ルドルフ・シュタイナーにも協力してもらい

1921年にベルヌス男爵は自分の館の

地下室に研究所を設立しました。

それが「ソルーナ研究所」です。

soluna_castle

 

ベルヌス男爵の死後、1984年にイタリア人の

アルケミスト、マリーノ・ラッツェローニ氏が

ソルーナ研究所の仕事を引き継ぎ

スパゲリック治療薬およびスパゲリック化粧品

製造に着手しました。

 

ソルーナ化粧品では現在もそのレシピと

手法を忠実に守り、気が遠くなるような

時間と手間をかける方法で化粧品づくりを

行っています。

soluna_flask

たとえば・・・

ソルーナ化粧品に配合する、いくつかのプロセスを

経てできあがった植物の原液は、

人間の血液の総量と同等の6リットルのガラスの

容器に入れられ、木とガラスでできた8角形の

ピラミッド型の部屋で、人間の体温と同じ

37℃の室温の中でゆっくり熟成されていきます。

 

soluna_bld

さらに、植物の原液は、その部屋で

日の出にあわせて右に33回、

月の出に合わせて左に28回

毎日攪拌され、50日間熟成するというのですから

本当に脱帽です。

 

< 他のナチュラルコスメとの違い >

soluna_rose

ソルーナ化粧品の原料となる植物はすべて

イタリアアルプスにある自社の専用農園から

調達されています。

除草剤や化学肥料を一切使わず

ミネラル類と天然肥料のみでの

有機栽培が行われています。

 

yellow_flower

では、なぜソルーナ化粧品

機械を使わず、人間の手で膨大な時間と手間をかけて

スパゲリック法による化粧品づくりを

しているのでしょうか。

 

それは、ソルーナ研究所がこう考えているからです。

 

スパゲリックは、植物の持つ繊細なエネルギーが

上手に活用されることで、人間の体に活力を

ハーモニー、そしてリラックスを与え、

それによって生体の全てに生物学的に望ましい

反応をおこさせる」

 

スパゲリックを生み出したパラケルススは

病気とは、調和の取れた相互作用のバランスが

崩れた状態と考えていました。

 

ソルーナ化粧品は単なるスキンケアを

目的にしているのではなく、使う人が

植物、太陽、月、星のエネルギーを受け取り、

生命体としての調和がとれるように

サポートすることを目指しているように

感じます。

そのためには努力を惜しまないのですね。

 

 < ソルーナ化粧品の使い心地 >

ソルーナ化粧品を使って、印象に残るのは

まず、乳液や保湿クリームの芳醇な香りと

なめらかな密度が高い独特のテクスチャー。

私の個人的な表現としては

「肌からクリームを食べている感覚」です。

 

化粧水や乳液、オイル類も含め

ソルーナ化粧品には不思議と

「肌の細胞との相性の良さ」を感じます。

 

スパゲリック法は薬草植物やミネラル、

金や銀などの貴金属を原料に

醗酵、蒸留、洗浄、灰化、結合の

5つの過程を得てエキスを抽出します。

 

人間が使うことを前提に、その体温や血液量などを

考慮して原料が抽出されていることが

ソルーナ化粧品の極めて自然な使い心地の

理由かなぁとわたしは思っています。

 

< ソルーナ化粧品ひとつひとつ >

ソルーナ化粧品には、5種類の処方があり

・太陽フォーミュラ

・月フォーミュラ

・アイフォーミュラ

・キンダーフォーミュラ

・ボディーフォーミュラ

それぞれの製品の目的に合わせて

配合されています。

 

< ソルーナを代表する人気商品 >

✿ソルーナの24時間クリーム

30g 16.000円(税別)

24_hour_cream

朝(太陽フォーミュラ)と夜(月フォーミュラ)の

両方が処方されていて、名前のとおり24時間

朝と夜のお肌の保湿、保護ができます。

ライトで瑞々しい使い心地。ストレスを感じやすい

お肌や敏感に傾いた肌にも。

◆ソルーナ24時間クリームの詳細ページへ

 

<おすすめの保湿アイテム>

ソルーナ ローズクリーム

30g 12.000円(税別)

ローズクリーム 1126-mame_0012

ガリカ種のバラのクリーム。豊かな香りで

乾燥肌、熟年肌に特におすすめです。

◆ソルーナ ローズクリーム情報詳細のページへ

 

ソルーナ カレンドラクリーム

30g 12.000円(税別)

カレンドラクリーム 1126-mame_0006

カレンドラとはトウキンセンカのこと。

昔から傷や湿疹に使われてきたハーブです。

荒れの気になる肌を優しくいたわります。

◆ソルーナ カレンドラクリームの詳細ページへ

 

 

ソルーナ フェイスミルク(乳液)

50ml 8.000円(税別)

nourishing_milk

ハリとつや弾力を肌に与える乳液です。

◆ソルーナ フェイスミルク(乳液)の詳細ページへ

<水分補給のアイテム>

ソルーナ ローズエッセンス(化粧水)

100ml 4.500円(税別)

ローズエッセンス 161117mame_031

ガリカ種のバラの花のエキスを濃縮した

フラワーウォーター。肌にたっぷりの

水分を補給します。

◆ソルーナ ローズエッセンス(化粧水)の詳細ページへ

<スペシャルケア用>

ソルーナ セーラム

50ml 18.000円(税別)

ソルーナセーラム

オイルフリーで瑞々しいジェルタイプの

美容液です。

◆ソルーナ セーラム(美容液)の情報詳細ページへ

 

ソルーナ アイクリーム

15ml 7.000円(税別)

アイクリーム 150909_16083_eyecream

ふっくらとしたキメの細かいクリームが

素早く目元になじみ、ハリと弾力をもたらします。

◆ソルーナ アイクリームの情報詳細ページへ

 

 

 < ソルーナ化粧品 使用上の注意 >

1.製品についている品質保持期限をご確認のうえ、

なるべく早めに使い切ることをお願いいたします。

開封後は、3ヵ月以内に使い切ってください。

 

2.ソルーナの保管は10℃から20℃でお願いします。

冷蔵庫内では、ドアポケット、野菜室などの

冷気が直接当たらない場所での保管をお願いいたします。

また、使用後はただちに蓋を閉め、冷蔵庫に戻してください。

大きな温度変化は、容器内の結露を招き、腐敗の原因となります。

 

3.クリームを容器から取り出す際は、

必ず付属のスパチュラ(ヘラ)をご使用ください。

また、スパチュラはティッシュペーパーなどで

拭いてからご使用ください。

 

4.容器内に直接指を入れたり、あまった化粧品を

容器に戻さないでください。腐敗の原因になります。

 

5.浴室ではご使用にならないでください。

蒸気が容器内に混入いたしますと、

劣化の原因になります。

 

6.製品は分離することがありますので、

かき混ぜるか、よく振ってからご使用ください。

 

7.ソルーナは薬草、ハーブ、植物オイル、

精油といった天然原料で作られており、

人工の香料や着色料は使用されておりません。

そのため、原料となる植物の収穫時期や

収穫年により、内容物の色や香りに

違いが出る場合がありますが、

品質には変わりはありません。

あらかじめご了承ください。