2020.6hm

こんにちは!スタッフの川合です。
オーガニックコスメNo.1ではお買い物をしてくださったお客様へ【月刊organic no.1 and happy moments】という、ちょっとしたご案内を同梱しています。
今回は2020年6月号に掲載したコラムをこちらで紹介しますね。

 

暑くなり始めたら気をつけたい インナードライ肌

1721970 (1)

梅雨入りして蒸し暑くなると、肌がベタベタする・・・毛穴が開く・・・ ニキビができやすくなる・・・
だからと言って「私はオイリー肌」と決めつけてはいけません!

オイリー肌とは水分も皮脂も多い肌のこと。オイリーなのに洗顔後にツッパリ感があったり、肌が硬くてゴワゴワしている場合は、インナードライ肌かもしれません。

インナードライ肌は皮脂が多いのはオイリー肌と同じですが、水分は少ない状態の肌のこと。

これからの季節は紫外線、汗の蒸発、エアコンなど外部要因により肌の水分が失われやすくなります。水分が不足する分、皮脂が過剰に分泌されるため、肌の表面はベタベタしていても、内側は乾燥している状態になります。

水分不足を起こさないように保湿をしっかりしなくてはいけませんが、オイリー肌だと勘違いしてしまい、さっぱりしたケアに変えてしまうと、よりインナードライが進んでしまいます。

 

1720686 (1)

 

<脱インナードライの方法>
◆クレンジングはやさしく

べたつくからと洗浄力の強いものを使用したり、時間をかけたり、力を入れすぎには注意。
潤いを残す洗い上がりのものを選びましょう。

◆保湿効果の高いスキンケア

化粧水や乳液・クリームなどのスキンケアは保湿成分を豊富に含むアイテムを選びましょう。

 

そして紫外線対策、上質な睡眠、栄養バランスの取れた食事など普段の生活にも気配りを!

 

記事一覧ロゴ