2729911_s

こんにちは!スタッフの川合です。
まだまだ気を抜くことはできませんが、少しずつ元の生活に戻り始めました。
先日ネットサーフィンをしていると、自粛生活が始まったころから便秘で悩む人が増えている、という記事が目に留まりました。生活リズムの崩れ、運動不足、ストレスなど原因はいろいろ。
でもそんな便秘の改善をサポートしてくれるお茶があります! それがルイボスティーです!

 

目次

1 コンビニでも買える!「ルイボスティー」とは?

2 ルイボスティーのポイント①:マグネシウム

3 ルイボスティーのポイント②:SOD

4 おすすめの飲み方

 

1 コンビニでも買える!「ルイボスティー」とは?

1397789_s

ルイボスティーは南アフリカのセダルバーグ山脈一帯でしか生息しない、「ルイボス」というマメ科の植物から作られるお茶。
現地では昔から「不老長寿のお茶」と呼ばれ、健康維持のために親しまれていた飲み物です。

ルイボスティーは茶葉を作る過程の違いで「グリーンルイボスティー」と「レッドルイボスティー」の2種があります。一般的に飲まれているのは赤い「レッドルイボスティー」の方が多いですね。

紅茶のようなきれいな色のお茶、ノンカフェイン、そして味は最初こそクセを感じる人もいらっしゃるかもしれませんが、不思議と飲みやすくなる不思議なテイスト。どなたにでも飲みやすいのがルイボスティーです。

今はスーパーやコンビニ、ドラッグストアでペットボトルのルイボスティーが売られているので、手軽に飲むことができます。ティーバッグタイプも数多く出ているので、ご自宅でゆっくりとティータイムにも最低です!

tea3

当ショップで販売している「オーガニックルイボスティー」は農林水産省に定められた有機食品のJIS規格の認定を受けているものなので、化学肥料や農薬を気にされている方におすすめです。

通販オーガニックルイボスティーのページへ

 

2 ルイボスティーのポイント①:マグネシウム

3390244_s

ルイボスが生息するセダルバーグ山脈一帯はミネラルが豊富な土壌です。そのためルイボスティーにもたっぷりミネラルが詰まっています。ミネラルの中でも特に注目するのが「マグネシウム」。

マグネシウムは便の水分量を調節してくれるため、便秘解消が期待できます。

市販の便秘薬にも使われていますよ。
(健栄製薬 酸化マグネシウムE便秘薬https://ebenpi.net/

しかしマグネシウムは現代人に不足しがちな栄養素です。マグネシウムは骨や歯の形成に必要な栄養素なので、不足すると便秘になるだけでなく、貧血や長く続けば骨粗しょう症の心配も。

(参考:厚生労働省 e-ヘルスネット「マグネシウム」

身体に必要なマグネシウムをお子様から妊婦さん、ご高齢者までお茶で手軽に摂取できるのは嬉しいですね。

 

3 ルイボスティーのポイント②:SOD

1169234_s

SODとはスーパーオキシドディスムターゼ(Superoxide dismutase)の略称。SODは細胞内に発生した活性酸素を除去する酵素です。

活性酸素はガンや成人病などの原因にもなると言われています。またシミやシワなど肌老化を加速させるのも活性酸素です。

ルイボスティーは抗酸化作用のあるSODを含んでいるので、お茶として摂取することによりカラダに良いだけでなく、アンチエイジングとしても効果を発揮してくれるのです。

 

4 おすすめの飲み方

tea_

一番のおすすめは、火にかけて煮出す方法です。
先ほどの活性酸素の実験でも書きましたが、栄養素などを十分に抽出することができ、香りや味も豊かになります。

もっと手軽に飲みたい時は熱湯にティーバッグをつけておく方法もあります。

暑い時期にはアイスでスッキリと飲むのもおすすめですよ♪

 

 

今回はルイボスティーについておすすめポイントの書きました。当ショップでも一年中「オーガニックルイボスティー」を飲んでいるスタッフがいます。しかもファミリーで!
飲み続ける一番の理由は「健康のため」とのこと。お通じもバッチリ。何年も飲み続けてるいるので、逆にやめてしまうのが怖いと。ご家族の健康を支えているお茶ですね。

記事一覧ロゴ