こんにちは!自然派化粧品の通販オーガニックコスメNo.1のスタッフ川合です。

無題-150x150

 

 

 

 

 

先日、衣替えの時に夏服の断捨離をしてみました。

 

現在の仕事をする前はストレスフルな職業についていたため、ショッピングで発散していた時期がありました。

買い物依存症だったのかもしれないですね。

1週間の内5日をスーツで過ごす生活なのに、どんどん増える服。

その服たちは出番があまりないまま、何年も季節が変わるたびに衣装ケースとクローゼットを往復していました。

 

「いつかはやらねば」

と考えていた断捨離にようやく挑戦してみたわけです。

 

ネットで検索して、「フランス人は10着しか服を持たない」という書籍や、断捨離をした人のスッキリとしたクローゼットの画像などを目にし、煮え切らないグズグズした自分を奮い立たせました(笑)

 

最初は有名な「ときめき」の方法を取り入れようと思ったのですが、服にそのような感情がなかなか生まれなくて、自分なりに審査基準を設けることに。

 

まずは、

「傷んでるか」or「傷んでないか」

 

お気に入りの服だと少々伸びたり、擦れて毛羽立ったりして劣化していても、捨てられずにクローゼットや洋服ダンスを占領しているのが今の状況。

しかし劣化した服は美しくないですよね。

もう40代ですし、身なりはしっかりと整えねば!

執着心さえ捨てられれば、この審査基準は目視で判断できるので、そこまで悩むことはなくお別れをすることができました。

 

次に第2審査へ。

「まだ着るの?」or「まだ着るもん!」

 

この地点で今シーズン活躍した服は衣装ケースへお片付け。

そして残った今シーズンあまり着なかった服を並べました。

中には衣装ケースから出したものの、一度も着用しなかった服もあったりして・・・。

着なかった理由は、

「太ってしまったから、着たくても着れなかった」

や、

「流行遅れのような・・・ でも高かったし・・・」

というような感じです。

 

「流行は繰り返す」

確かにその通りの事が起こっています。

でも改めて流行するまで何年待たないといけないのでしょうか。

でも費やした金額を考えると減価償却できてないわ・・・と、気持ちが揺らいでしまったり。

 

結果は、

太って切れない服⇒衣装ケースへ

理由・・・5月からウォーキングを継続していて、来年には成果が出ると予想(甘いでしょうか?)

 

流行遅れの高い服⇒ほぼお別れ

理由・・・どんどん年齢を重ねるので、再び流行が来ても似合わない可能性大

 

こうして私の断捨離は終了したわけですが、もしかしたら後悔するかも・・・と廃棄する直前まで湿っぽい気分でした。

 

しかし昨年までよりも安く済んだクリーニング代、スッキリ片付き、空の衣装ケースが1つできたこと。

気持ちも軽く、楽になったような気がします。

 

断捨離は「自分との闘い」というのが感想です。

1枚1枚に買った時の気持ちや、着た時の思い出が詰まっています。

やはり捨ててしまうのは切ない気持ちになります。

 

しかしモノに溢れる暮らしから、必要なモノだけに囲まれたシンプルな暮らしへ。

私が理想とするライフスタイルに一歩近づけたことが、断捨離にチャレンジした一番の成果だと思います。

 

この勢いに乗って、次は近いうちにキッチンの断捨離をする予定です!