小麦胚芽油
~キレイを作る『ハーブ事典』~

小麦胚芽油ビタミン・ミネラルが豊富な植物油

目 次

1. 小麦胚芽油のトリビア

2. 小麦胚芽油の使用方法と作用

3. 小麦胚芽油の基礎データと注意事項

 

1. 小麦胚芽油のトリビア


小麦胚芽油(ウィートジャームオイル)は、小麦の胚芽部分を低温圧搾して抽出される琥珀色のオイルです。
種子が発芽し成長するための栄養分が豊富に含まれる胚芽油は、1トンの小麦から採れる量はわずか100グラムと貴重。

リノール酸やオレイン酸、「トコフェロール」など多くのビタミンEを含む小麦胚芽油は、新陳代謝を高め皮膚を再生させる作用を持つため、乾燥肌や荒れた肌、年齢肌のケアに向いています。

2. 小麦胚芽油の使用方法と作用


小麦胚芽油の使用方法


小麦胚芽油は、高い抱水力と優れた潤滑性を持つため、化粧品のエモリエント(角層の水分蒸発を防ぎ、潤いと柔らかさをキープする)成分として優秀です。
ビタミンEが豊富に含まれるので、年齢を重ねた肌に、夜のケアでプラスするのがおすすめ。


小麦胚芽油は、粘性が強く独特の香りを持つため、他の植物油に10%程度ブレンドして使用します。
血行促進作用があり、手足の冷えに効果的。
また、肌をやわらかく、潤いをもたらしてくれるので、ボディー、手指、爪などのマッサージ、妊娠線予防にも役立ちます。

小麦胚芽油の作用

・抗酸化作用
・肌の新陳代謝と再生を促す作用
・保湿作用
・血流促進
・冷えや筋肉の疲労回復

3.小麦胚芽油の基礎データと注意事項

小麦胚芽油の基礎データ
名前 小麦胚芽油、小麦胚芽オイル、コムギ胚芽油、ウィートジャームオイル
学名 Triticum vulgare,Triticum aestivum,
科名 イネ科
抽出方法 コムギ胚芽を低温圧搾、溶剤抽出
琥珀色
使用期限の目安 開封後3~4ヵ月程度
主な脂肪酸 リノール酸、オレイン酸、リノレン酸
主な原産地 中央アジア、西アジア
小麦胚芽油の注意事項

妊婦

・小麦アレルギーの人は使用を控えてください。

このページのトップ

ハーブ事典トップページへ

 

スタッフ
スタッフ
小麦胚芽油の入ったコスメは、乾燥肌や年齢肌に適しています
<小麦胚芽油>が配合されているおすすめ商品

アーモンドオイル、シアバター、ローズヒップオイルなどの良質なオイルと、ローズやアロエヴェラなど肌に潤いを与える成分がたっぷり入ったフェイスクリームです。

<ヴェリマ> ローズクリーム の商品ページへ

 

セタ マッサージオイル

プロの施術アイテムにも使用する、コリや筋肉痛に最適なボディ用マッサージオイル。
7種類の植物油と6種類の精油をブレンドした深みのある香り。

<アタノール>セタマッサージオイル の商品ページへ

 

敏感肌でも使えるアーモンドミールをベースにしたゴマージュ。
余分な角質を無理なく落とす事により、肌の深部を洗浄し、ふっくらと透明感のあるお肌を作ります。

<ジャネス>ジェントルクリアリングウォッシュ 商品ページへ

 

 

 

このページのトップ

ハーブ事典トップページへ