オキシトシンの作用で幸せ顔を目指すには?フェイシャルマッサージのやり方

フェイシャルマッサージは、お肌を健やかに保つための効果的な美容法としてよく知られていますが、実はお肌だけでなく、感情を司る脳へも影響を及ぼしていることが最近の研究でわかってきています。

美肌、心の安定、そして女性らしい柔和な幸せ顔に導いてくれる脳内ホルモン「オキシトシン」や、フェイシャルマッサージのやり方について綴ります。

 

オキシトシンとは?

オキシトシンは1906年に、英国の研究者ヘンリー・デールによって名付けられたホルモン(わたし達の身体の中で作られて、特定の働きをする物質)です。

当時は出産の経過を加速するホルモンとして発見されたため、「速い」「陣痛」という意味のギリシャ語にちなんで「オキシトシン」という名前になったそうです。

また、オキシトシンには母乳を出やすくする働きもあります。

その後の研究が進むにつれて、オキシトシンは出産時や授乳する女性に限定して分泌されるものではなく、年齢や性別を問わず、人の安らぎや結びつきを感じる状態に関与する物質であることがわかってきました。♥。・゚♡゚・。

 

わたし達は何気ない暮らしの中で、常に「闘争か逃走か(立ち向かうか逃げるか)」を無意識に判断しながら、身体と心の体制を整えて生きています。

それは生存したい!と願うがための本能的な反応なので、脳の訓練をしないと止まりません。

オキシトシンが分泌されると、ストレスのある緊張状態から抜け出し、心と身体が「安らぎや人との結びつきを感じるモード」に変わるのです。

なんと有難いホルモンでしょうか(^-^)

そんな理由から、オキシトシンは別名「幸せホルモン」とも呼ばれています。

 

オキシトシンを増やすには

では、どうするとオキシトシンの分泌が増えるのでしょう。。。

心地よいスキンシップやマッサージにはその効果があることがわかってきています。

・愛犬や愛猫、愛兎?などのふわふわして気持ちの良い毛並みを撫でる

・恋人やパートナーと手をつないだり、スキンシップをする

・マッサージを受ける、マッサージをする

などの行動はオキシトシンを体内へ分泌し、わたし達の心や身体はリラックスできる状態に導かれます。

 

実は、そうした効果は人間だけでなく、動物のためにも応用され始めています。

たとえば、牛の搾乳において・・・

・コンフォートブラシ:牛が好きな時に心地よいブラッシングを受けれる自動ブラシ(牛舎に設置)

・オキシトシン搾乳器:牛の乳房を洗浄しながら、心地よいマッサージを施す。(乳量の増加や乳房炎症の減少を期待)

など。

 

お顔のマッサージは良いことづくめ

クレンジング 美肌 ルサンス ジュレデマキヤント

お顔のマッサージをすると

・血液の流れが良くなり、肌細胞の代謝を助ける

・リンパ液(老廃物の排泄に関わる)の流れをスムーズにする

・顔の筋肉(表情筋)の緊張を和らげる

などの皮膚への良い影響が及ぼされます。

そして、さらに

・オキシトシン(幸せホルモン)の分泌が増える」ため、「心」も健やかになる

という素敵な副作用もあります。

 

フェイシャルマッサージのやり方

初めての方でも楽しく3分間でできるフェイシャルマッサージのやり方を動画で紹介します。

動画で使用したお顔のマッサージ用のオーガニック乳液

muiui マインドフルネス乳液 についての詳細はこちらから

 

情けは人のためならず

そして最後にもう一つ!

オキシトシンが増える方法をお伝えします。

それは「人に親切にすること」だそうです。

「情けは人のためならず」という諺は、人を甘やかすとその人のためにならないよ。。。という意味かと思いきや。。。

人に親切にすることは、自分の心と身体に良いんだよ(^-^)

だったんだぁ。♥。・゚♡゚・。