プロのカメラマンから学んだこと

こんにちは!自然派化粧品の通販オーガニックコスメNo.1のスタッフ川合です。

無題-150x150

 

 

 

 

 

先日、プロカメラマンによるカメラの講習会に参加してきました。

 

オンラインショップに掲載している写真は、メーカーさんからご提供いただいた画像もありますが、私たちスタッフが撮影した写真も掲載しています。

 

しかしスタッフはカメラのプロではないので、

当然のことながら知識もなく、

基準は、

「キレイに撮れているか」

 

見てくださった方に商品をうまく伝えられているのか心配でした。

 

デパートの化粧品売り場のように、

対面で商品を説明する事が私たちにはできません。

 

ですからお客様がそのアイテムの何を知りたくて、当ショップのサイトに辿り着いてくださったのか。

そして購入にあたって迷いや不安が生まれる点はどこなのか・・・

 

私たちがそれらを解決するには

「文章」

「写真」

しか方法がありません。

 

ですので今回のカメラ講習会を知った時は飛びつきました(笑)

ちなみにこちらが講習に参加前の私の実力です

↓ ↓ ↓

20191206b

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

講習会の最初の一時間はカメラの基礎知識や、

撮影時のポイントなどを教えてもらいました。

 

その後は1人1台、一眼レフカメラを貸してもらい(贅沢★)実践しました。

先生に言われたことを忠実に守り、

撮影したのがこちら

↓ ↓ ↓

DSCF1013

 

 

 

 

 

 

この写真は特別なライトも道具も使っていません。

窓から入る光と、

アルミホイルを貼った手作りのレフ版(初めましての方に持ってもらいました^^;)だけ!

 

意識したのは、

角度、ピントの合わせ方、明るさの調整。

 

これだけで1枚目からテンションの上がる撮影ができました。

見本の被写体がたくさん用意されていたので、

そのテンションのまま、何かに取りつかれたように写真を撮りまくりました。

 

カメラの実践があることを知っていた私は、

そして図々しくも自社製品muiuiのハンカチと乳液を持ち込んでおり、

先生に

「この商品の撮り方を教えてください」

と直談判。

 

その成果が、

DSCF1018

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF1022

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気づかれた方もいらっしゃるかもしれませんが、

2アイテムとも同じ背景ですが角度が違います。

ハンカチにはハンカチの伝えたいイメージがあり、

乳液には乳液の伝えたいイメージがあります。

 

でも共通しているのは、

上のお人形さんと撮った時よりも、

柔らかな印象に撮影しています。

「自分を慈しむためのライフスタイルブランド」

のイメージに合わせてみました。

 

レフ板をアルミホイルではなく、

裏の白い方を使って撮影をすると、

同じ場所でもこんなにも変わるのです。

 

目から鱗がこぼれまくりの2時間。

そして講座の帰り道、

オーガニックコスメNo.1の写真を、

もっと見た人に伝わりやすい写真に撮り直そう!と決意したのでした。

 

DSCF1032

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 美容オイル オイル マッサージ

    小さなストレスが積み重なった結果

  2. 梅雨のジメジメは、植物エネルギーでリフレッシュ!  部屋干し…

  3. 美肌を作る 旬のフレッシュハーブティー♪

  4. 紫外線を味方に?!30代からの骨活のススメ

  5. 飲んで免疫力をアップさせたい、この飲み物!

  6. 初めて断捨離に挑戦した話

アーカイブ