ブラッディローズジェリー

空気もお肌も乾燥が気になる季節。
いま使っている美容液や美容クリームに物足りなさを感じたら、新しい美容液探しは何を参考にしますか?

成分?お値段?口コミ?有名美容家さんのオススメ?
それともYouTube?

 

超敏感肌でお悩みだったお客様も

「こういう美容液をずっと探していました!」

と喜んでくださるローズドビオの「ブラッディローズジェリー」
ぜひ、選択肢の一つに入れて頂きたいオススメの一品です!

 

奇跡の赤薔薇「さ姫

一般的な美容液や美容クリームの成分の60~80%は「水」。
多種類の美容成分が配合されていてもその割合が全体の1%にも満たないことも少なくないようです。

しかし、「ブラッディローズジェリー」は100%が美容効果がある自然由来の成分で、その内の51%を占める赤薔薇エキスがスゴイのです!

さ姫

「ブラッディローズジェリー」の原料である赤薔薇「さ姫」は、研究家の福間厚さんが10年という長い期間をかけて奥出雲の完全無農薬のオーガニック農園で作り上げた品種です。

数えきれないほど多くの種類の薔薇を育て、人の手による交配ではなく自然交配によって産まれた「さ姫」は生命力が強く、芳しい香りと深紅の色、花弁の肉厚さが特徴です。

「さ姫」の赤薔薇エキスを抽出方法

・早朝、咲き始めの時間に手摘み
・手作業で花弁をほぐして虫などの異物を除く
・花弁を丁寧に水洗い
・有効成分を引き出すために一旦冷凍
・成分が壊れないように低温でゆっくり煮だしてエキスを抽出

通常、植物エキスはブチレングリコールやエタノールなどの溶剤を使用して抽出するのが一般的ですが、「さ姫」のエキスは水だけで抽出しています。

この「さ姫」の赤薔薇エキスは、化粧品ではローズドビオシリーズのみに使用が許可されています。

 

「さ姫」の抗酸化作用のヒミツ

植物が持つ赤色には高い抗酸化力が備わっていると言われています。
白薔薇は雨風の衝撃を受けた後に紫外線を浴びると酸化して花弁に茶色いシミができてしまいますが、「さ姫」の花弁は多少の衝撃の後ならば紫外線を浴びてもシミ一つない美しい花弁を保つそうです。
「さ姫」のポリフェノールは特別で、第三者機関の分析試験でもその高い抗酸化力が証明されています。

 

ブラッディローズジェリーに含まれるその他の美容成分


ドラゴンズブラッド

ドラゴンズブラッド

ペルー、アマゾンの熱帯雨林に自生するドラゴンズブラッドツリーという木の真っ赤な樹液のエキス。
肌につけると薄いフィルムを形成してお肌のハリを保ちます。
ハリウッドセレブにも人気の成分です。


ジェリーフィッシュコラーゲン

一般的なコラーゲンは牛や豚由来で、その構造はとても複雑で様々な化学処理を施すためコラーゲンの効果が弱まってしまいます。
しかし、ジェリーフィッシュ(ミズクラゲ)由来のコラーゲンは構造が単純なため、シンプルな処理のみで高純度・高品質なコラーゲンが得られます。
その効果は、プラセンタの1000ともいわれています。


15種類のハーブエキス

抗酸化力や抗菌力、鎮静効果やエイジング効果を考慮した食用グレードの認定オーガニックドライハーブを15種類組み合わせ、製造の直前に水抽出されます。

ローズマリー(抗菌・抗酸化)
レッドクローバー(女性ホルモン調整)
セイヨウノコギリソウ(女性ホルモン調整)
ラベンダー(鎮静・美白)
セイヨウオトギリソウ(鎮静)
エキナセア(免疫力)
マロウ(保湿・鎮静)
カレンデュ(肌荒れ防止)
カミツレ(女性ホルモン調整)
ネトル(鎮静)
セージ(女性ホルモン調整・抗酸化)
スギナ(ハリ)
メリッサ(鎮静)
パッションフラワー(保湿)
ローズヒップ(保湿・ハリ)

使い方

「ブラッディローズジェリー」は、トロミのあるジェル状で、とても伸びが良いので1~2プッシュで顔とデコルテをしっかり保湿できます。

・化粧水なしでオールインワン
・化粧水とブラッディローズジェリー(保湿の役割)
・ブラッディローズジェリー(美容液の役割)+保湿クリーム
・ブラッディローズジェリー+メイク下地

お肌を引き締めたい時には冷蔵庫で冷やしたり、就寝前にたっぷりつけて洗い流し不要のパックとして使ったり、お肌の状態や目的によって色々な使い方をお楽しみいただけます。


通販 「ブラッディローズジェリー」のページへ

 

▹◃┄▸◂┄▹◃┄▸◂┄▹◃┄▸◂┄▹◃
ブログ記事一覧 へ
▹◃┄▸◂┄▹◃┄▸◂┄▹◃┄▸◂┄▹◃