サンダルを履くことが多い季節に気になるのが
ガサガサのかかと。
立ち仕事やハイヒールでかかとへの負担が続いたり、
床や靴との摩擦で角質がたまり、
黄色くなったり、ガサガサしたり、
ひび割れてストッキングに引っかかってしまったり・・・

あなたのかかとは大丈夫ですか?

 

目  次

1.やってはいけない角質ケア 
2.アルガンオイルでかかとケアができる!
3.高品質なアルガンオイルの選び方


1.やってはいけない角質ケア

かかとケアは「削っている」という人が多いと思います。
また最近は、自宅でできるピーリング剤なども販売されていますね。

角質ケアで一番やってはいけないのが「無理に角質をはがすこと」。
硬くなった角質を無理に削ったり、強すぎるピーリング剤で頻繁に除去すると、皮膚を守ろうとして、逆に角質がどんどん分厚くなってしまうこともあります。

角質がかなり分厚くなってしまっている場合は、一度削ったり、ピーリング剤を使うのも良いですが、角質を除去した後は必ず保湿を行いましょう!
保湿をすることにより、角質の硬化を防ぐこともできます。

2.アルガンオイルでかかとケアができる?

かかとケアに最適なオイルが「アルガンオイル」です。
スキンケアやヘアケアなどに使われているため、ご存知の方も多いと思いますが、アルガンオイルの効果を改めてご紹介しましょう。

・保湿効果
アルガンオイルには、私たちの皮脂にも含まれる必須脂肪酸「オレイン酸」「リノール酸」が多く含まれています。
アルガンオイルがべたつかず馴染みやすいのはこのためです。

・角質を柔らかくする
アルガンオイルには皮膚軟化作用があります。
「ブースターオイルに良い」と言われているのはこのためです。
硬くなってしまった角質に塗れば、角質や皮膚を柔らかくするので、オイルの浸透もよくなります。

・お肌のターンオーバー促進
アルガンオイルには、血行促進細胞の活性化により、お肌の代謝をアップさせる効果があるため、ターンオーバーを整えてくれます。
水分と油分のバランスを調節しながら整えるので、もっちりとしたお肌へ導きます。

・抗酸化作用
ビタミンEや、ポリフェノールなど活性酸素を除去すると言われている成分が多く含まれているので、お肌の老化を防ぎお肌のキメを整えてくれます。

3.高品質なアルガンオイルの選び方

アルガンオイルの品質はピンからキリまで。
混ぜ物がされている粗悪なものもあります。

アルガンオイルのを選ぶときのポイントは「抽出方法」です。
種子を加熱する「高温圧搾法」は、効率よくオイルがとれるため、安価なアルガンオイルで採用されていることが多いです。
しかし高温圧搾法では、オイルに含まれている栄養素も壊れてしまいます。

「低温圧搾法」では、細胞を壊さないようにゆっくりと低温で圧力をかけながらオイルを絞ります。
ただしコストがかかる方法なので、低温圧搾法で抽出されたオイルは高価なものも少なくありません。

 

アルガンオイル

レミオジャパンのオーガニックアルガンオイルは、
モロッコの現地住民ベルベル族のオーナーと直接契約をして、原料や製造工程に徹底的にこだわって作られています。

・最も実の栄養価が高い樹齢35~65年のアルガンの樹から
・8月~9月に熟して地面に落ちた果実だけを使い
・種子の選別から出荷まで6週間をかけ
・ろ過工程を4回くりかえして

純度の高いオイルを精製しています。
精製が機械化された現在も、実から核を取りだす作業は手作業で行われているそうです。

お風呂上がり、お肌が柔らかくなって潤っている状態の時に、レミオジャパンのアルガンオイルをかかとにたっぷり塗ってしっかり保湿。
ツルツルすべすべのかかとになれば、自信をもってサンダルも履けます!

また、今からしっかりケアしておけば、秋冬のストッキングやタイツの伝線予防にもなりますね。

「レミオジャパンのオーガニックアルガンオイル」 30ml 3,630円(税込)

 

関連ブログ↓

オススメのヘアオイルはどれ? 1本でスキンケアもできちゃうオイルとは?

 

 

▹◃┄▸◂┄▹◃┄▸◂┄▹◃┄▸◂┄▹◃

  ブログ記事一覧 へ  

▹◃┄▸◂┄▹◃┄▸◂┄▹◃┄▸◂┄▹◃